左足首の痛みでフットサルの練習ができないという相談を受けた。フットサル選手

左足首の痛みでフットサルの練習ができないという相談を受けた。フットサル選手

フットサルの試合はサッカーグランド(長さ100-110)(幅64-75)よりも狭い(長さ38-42)(幅18-22)グランドで行うため攻めて守ってと忙しく動き回るんだ。(ほんと見てても疲れる)

要するに、ターンが多いため足首にすごいストレスがかかっている。足首の調子の良し悪しで試合の行方も大きく変わるといってもいいかもしれない。

それだけ足首は重要ということだ。

その足首を捻挫してうまく治らず長期痛みを引きずると、選手としては苦痛でならないだろう。

足首を改善するといっても簡単ではない。病院だとプロ選手には手術を素早く行うだろう。もちろん手術するとリハビリなど復帰までに1~3か月はかかる。本調子までは長い。

休んでれば痛みは軽快するが、復帰すれば痛みは出てくる。

まず、足首の動きの左右差を見比べてみると、明らかに左足首は動きが悪い。この動きを改善する調整法を行った。動きを付けてから腓骨間プレスで固めて、独自の筋トレを指導したんだ。

1週間で復帰ができて、3週間で本調子になり喜ばれた。

アスリートは体が資本だから生活が懸かってる。真剣だよ。私も真剣になる。

でも良かった本戦までに間に合って・・・・。

さいたま中央フットケア整体院 冨澤敏夫

048-789-7743

足首でお困りの方はこちら